スポンサーリンク

日本向けに約10.3インチ液晶を搭載したOPPO Pad Airを発表



中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)の日本法人であるOga Japanはタブレット「OPPO Pad Air (OPD2102A)」を日本向けに発表した。

Guangdong OPPO Mobile TelecommunicationsおよびOga Japanとしては日本で初めて展開するタブレットである。

OSにはAndroid 12をベースとするColorOS 12を採用している。

チップセットはQualcomm Snapdragon 680 Mobile Platformで、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイはリフレッシュレートが最大60Hzの約10.3インチWUXGA+(2000*1200)IPS液晶を搭載する。

カメラはリアに約800万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約500万画素CMOSイメージセンサを備える。

携帯通信網には対応していない。

Bluetooth 5.1および無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)を利用できる。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBである。

外部メモリの利用にも対応している。

電池パックは内蔵式で、容量は7100mAhとなっている。

カラーバリエーションはナイトグレーの1色展開となる。

本体の厚さは約6.9mmで、質量は約440gと薄型軽量に仕上げている。

日本では家電量販店などで取り扱い、2022年9月26日の11時より予約を受け付け、2022年9月30日より順次発売する。

メーカー希望小売価格は37,800円(税込)である。


OPPO

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。









  • follow us in feedly
  • Recent Entries


  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2022年11月
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK