スポンサーリンク

VoLTEに対応したフィーチャーフォンStarmobile EVO1を発表


Starmobileブランドを展開するフィリピンのStar Telecom Alliance ResourcesはFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「Starmobile EVO1」を発表した。

ストレート式でテンキーを搭載したフィーチャーフォンである。

チップセットはSpreadtrum 9820Wで、CPUはデュアルコアとなっている。

ディスプレイは約2.4インチのIPS液晶となる。

カメラはリアに約30万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/850(B5)/700(B28A) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応している。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)を利用できる。

SIMカードはデュアルSIMで、2個のMicro SIM (3FF)サイズのSIMカードスロットを搭載する。

Bluetooth 4.0や無線LANやFMラジオを利用できる。

システムメモリの容量は512MBで、内蔵ストレージの容量は4GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

電池パックの容量は1000mAhとなっている。

カラーバリエーションはBLACKの1色を用意している。

フィリピンのPLDTの全額出資子会社でフィリピンの移動体通信事業者(MNO)であるSmart Communicationsがプリペイド向けに取り扱う。

価格はSmart CommunicationsのプリペイドSIMカードがセットで1,888フィリピンペソ(約3,800円)である。

なお、PLDTにはNTT DOCOMOが資本参加しており、NTT DOCOMOによる出資比率は8.6%となっている。


Starmobile

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK