スポンサーリンク

au向けスマートフォンAQUOS SERIE SHV34にAndroid 8.0 Oreoを提供


KDDIはSHARP製のスマートフォン「AQUOS SERIE SHV34」に対してOSのバージョンアップの提供を開始すると明らかにした。

2018年4月6日よりOSのバージョンアップを開始し、適用するとOSのバージョンはAndroid 8.0 Oreo Versionに上がる。

主な更新内容にはホームアプリをFeel HOMEからAQUOS HOMEに変更、電話帳アプリおよび電話アプリの表示や構成を変更、ピクチャー・イン・ピクチャーへの対応、通知欄にバックグラウンドで実行中のアプリの通知を表示する機能の追加、auベーシックホームの初回利用時に通知バッチの表示設定を案内する機能の追加などが含まれている。

端末単体でバージョンアップを適用可能で、目安の所要時間は無線LAN接続が約40分、4G (LTE/WiMAX 2+)接続が約50分と案内している。

アップデートファイルの容量は約1.64GBとなっている。

正常にバージョンアップが完了すれば、ビルド番号は03.02.01となる。

なお、AQUOS SERIE SHV34は発売時のOSがAndroid 6.0 Marshmallow Versionで、2017年3月22日にはAndroid 7.0 Nougat Versionへのバージョンアップを開始しており、メジャーアップデートは2度目である。

shv34
au

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK