スポンサーリンク

大唐電信がUniscopeの売却を完了


中国のDatang Telecom Technology & Industry Group (大唐電信科技産業集団)の中核企業であるDatang Telecom Technology (大唐電信科技)はUniscope (優思)ブランドで携帯端末事業などを展開するShanghai Uniscope Communication Technologies (上海優思通信科技)およびShenzhen Uniscope Weiye Communication Technology (深圳優思偉業通信科技)の売却を完了したことが分かった。

Datang Telecom Technologyは全額出資子会社のDatang Terminal Technology (大唐終端技術)を通じてShanghai Uniscope Communication TechnologiesおよびShenzhen Uniscope Weiye Communication Technologyの全株式を保有していたが、中国のShanghai Kefeng Information Technology (上海刻豊信息科技)にShanghai Uniscope Communication TechnologiesおよびShenzhen Uniscope Weiye Communication Technologyの全株式を3億3,150万人民元(約56億8,215万円)で売却した。

Datang Telecom Technologyは2012年にShanghai Uniscope Communication TechnologiesおよびShenzhen Uniscope Weiye Communication Technologyを買収したが、2018年に売却を完了したことになる。

Qidong Uniscope Electronics (啓東優思電子)は引き続きShenzhen Uniscope Weiye Communication Technologyの全額出資子会社であるため、Datang Telecom Technology & Industry Groupの傘下から外れてShanghai Kefeng Information Technologyが間接的に所有する全額出資子会社となっている。

また、Qidong Uniscope Communication (啓東優思通信科技)は従来よりDatang Telecom Technology & Industry Groupと直接的な資本関係は持たず、Shanghai Kefeng Information TechnologyとQidong Uniscope Communicationの所有者は共通の自然人であるため、Shanghai Kefeng Information TechnologyとQidong Uniscope Communicationは関係会社となる。

Datang Telecom Technology & Industry Group

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK