スポンサーリンク

auがLTEサービスを下り最大958Mbpsに高速化


KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)は4G LTEとWiMAX 2+を利用したデータ通信サービスにおいて、通信速度を高速化すると発表した。

通信速度は従来の下り最大708Mbpsから下り最大958Mbpsに高速化する。

キャリアアグリゲーション(CA)を高度化した3コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(3CC CA)に加えて、すべての搬送波で256QAMと4×4 MIMOを実装することで、通信速度は下り最大598Mbpsとなる。

3CC CAの組み合わせはCA_1A-41CまたはCA_1A-42Cとなり、具体的にはFDD-LTE方式の2.1GHz帯(Band 1)が1搬送波とTD-LTE方式の2.5GHz帯(Band 41)と高い互換性を確保したWiMAX 2+が隣接する2搬送波、もしくは2.1GHz帯が1搬送波とTD-LTE方式の3.5GHz帯(Band 42)が隣接する2搬送波である。

なお、WiMAX 2+はUQ Communicationsが運用している。

対応機種はLTE DL Category 18に対応したGalaxy S9 SCV38Galaxy S9+ SCV39AQUOS R2 SHV42Xperia XZ2 SOV37Xperia XZ2 Premium SOV38となる。

Galaxy S9 SCV38およびGalaxy S9+ SCV39の発売日に合わせて2018年5月18日より下り最大958Mbpsで提供する。

まずは東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリアを下り最大958Mbpsとしており、対象エリアは順次拡大予定と案内している。


au

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK