スポンサーリンク

韓国のSK Telecom向けにSamsung Galaxy A9 Star (SM-G885S)を投入へ


Samsung Electronics (サムスン電子)製のFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「SM-G885S」が2018年6月4日付けで連邦通信委員会 (Federal Communications Commission:以下、FCC)の認証を通過した。

FCC IDはA3LSMG885S。

モバイルネットワークはFDD-LTE 850(B5)/800(B26)/700(B17) MHz, TD-LTE 2500(B41) MHz, W-CDMA 1900(II)/850(V) MHz, GSM 1900 MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANやNFCの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/acに対応し、2.4GHz帯に加えて5.xGHz帯も利用できる。

SM-G885Sは未発表端末の型番(モデル番号)である。

型番規則より韓国(南朝鮮)の移動体通信事業者(MNO)であるSK Telecom向けのSamsung Galaxy A9 StarまたはSamsung Galaxy A8 Starに該当すると思われる。

なお、Samsung Galaxy A9 StarとSamsung Galaxy A8 Starはペットネームこそ異なるが、スペックは同等のスマートフォンとなっている。

Samsung Electronicsは基本的に韓国向けスマートフォンはハードウェアおよび型番を共通化しており、韓国のすべての移動体通信事業者が取り扱う場合、もしくは移動体通信事業者を介さない自給制で販売する場合は型番の末尾がNとなる。

しかし、SM-G885Sは型番の末尾がSK Telecomを指すSであるため、韓国ではSK Telecomが独占的にSamsung Galaxy A9 StarまたはSamsung Galaxy A8 Starを取り扱う可能性がある。

ラベルは電磁的表示を採用しており、FCCではラベルを表示したスクリーンショットが公開されている。


FCC – Samsung SM-G885S

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK