スポンサーリンク

豪州の裁判所がAppleに罰金を命令、エラー53の問題で


豪州の連邦裁判所は米国のAppleに対して罰金として900万豪ドル(約7億3,111万円)の支払いを命じた。

Appleが提供するiPhoneシリーズのスマートフォンおよびiPadシリーズのタブレットにおいて、外部の業者が修理した場合にエラー53が表示されて起動不可となる事象が発生していた。

豪州では2015年2月から2016年2月まで、275人の消費者がエラー53の表示による起動不可などの影響を受けており、AppleおよびAppleの豪州法人は豪州の消費者に対して外部の業者が修理した場合は保証の対象外になると伝えていた。

そのため、消費者から通報を受けた豪州競争消費者委員会(Australian Competition and Consumer Commission:ACCC)はAppleおよびAppleの豪州法人を相手に提訴した。

豪州の連邦裁判所は豪州競争消費者委員会の主張を認め、製品に欠陥が存在すれば豪州の消費者法に基づいて修理または交換、場合に応じて払い戻しを受ける権利が消費者にはあると説明している。

また、AppleおよびAppleの豪州法人は消費者に対して外部の業者が修理すると欠陥がある製品の救済が拒否されると信じさせており、一連のAppleおよびAppleの豪州法人の行為は豪州の消費者法に反すると結論付けて、Appleに対して900万豪ドルに達する罰金の支払いを命じた。

豪州競争消費者委員会

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK