スポンサーリンク

台湾向けスマートフォンPanasonic ELUGA Y Proが台湾のNCCを通過


Shenzhen Uniscope Weiye Communication Technology (深圳優思偉業通信科技)製のFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「ELUGA Y Pro」が2018年7月31日付けで国家通訊伝播委員会(National Communications Commission:NCC)の認証を通過した。

認定番号はCCAF184G0390T0。

モバイルネットワークはFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/ 1800(B3)/900(B8)/700(B28) MHz, TD-LTE 2600(B38) MHz, W-CDMA 2100(I) MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LANは2.4GHz帯のみ利用可能で、規格はIEEE 802.11 b/g/nに対応する。

ELUGA Y ProはPanasonicブランドを冠したスマートフォンである。

OSにはAndroid 8.1 Oreo Versionを採用している。

チップセットはMediaTek (聯発科技)製で、CPUはオクタコアとなっている。

ディスプレイは約5.85インチHD+(720*1512)液晶を搭載する。

アスペクト比が18.9:9のディスプレイとなり、上部中央には切り欠きがある形状となる。

カメラはリアに約1600万画素CMOSイメージセンサ、フロントに約1300万画素CMOSイメージセンサを備える。

SIMカードはデュアルSIMで、2個のSIMカードスロットを搭載している。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBである。

外部メモリを利用可能で、microSDカードスロットを備える。

電池パックの容量は3000mAhとなっている。

カラーバリエーションは星空藍と絢光紫の2色展開である。

台湾で販売することが決まっており、価格は6,990台湾ドル(約25,000円)に設定されている。

ハードウェアの開発や製造はShenzhen Uniscope Weiye Communication Technologyが行う。

なお、Shenzhen Uniscope Weiye Communication TechnologyはDatang Telecom Technology & Industry Group (大唐電信科技産業集団)の中核企業であるDatang Telecom Technology (大唐電信科技)がDatang Terminal Technology (大唐終端技術)を通じて完全所有していたが、2018年に持分すべてをShanghai Kefeng Information Technology (上海刻豊信息科技)に売却している。

台湾ではEternity Intelligence Systems (精鼎智能国際)がPanasonicブランドを冠したスマートフォンなどの携帯端末を展開する。


NCC

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK