スポンサーリンク

OPPOから分社化したRealme、東南アジアのスマホ市場に参入


中国でRealme Mobile Telecommunications (Shenzhen) (深圳市鋭爾覓移動通信)は東南アジアのスマートフォン市場に参入すると発表した。

Realme Mobile Telecommunications (Shenzhen)はRealmeブランドのスマートフォンを展開しており、東南アジアではインドネシアとベトナムのスマートフォン市場に参入することが決まっている。

Realmeブランドのスマートフォンはインドで最初に発売しており、当初は中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)がサブブランドとしてインド法人のOPPO Mobiles Indiaを通じてインド限定で展開していた。

Guangdong OPPO Mobile TelecommunicationsはRealmeブランドのスマートフォンを国際展開する方針を固め、Realmeブランドのスマートフォンを展開する新会社としてRealme Mobile Telecommunications (Shenzhen)を設立した。

出資構造はGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsの親会社で中国のGuangdong Oujia Holdings (広東欧加控股)が出資しており、Guangdong Oujia Holdingsは全額出資子会社のGuangdong Oujia Communications Technology (広東欧加通信科技)を通じてRealme Mobile Telecommunications (Shenzhen)を完全所有する。

なお、Guangdong Oujia Holdingsは直接的にGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsを完全所有するほか、間接的にOnePlusブランドを展開するOnePlus Technology (Shenzhen) (深圳市万普拉斯科技)も所有しているため、OPPOブランドのGuangdong OPPO Mobile Telecommunications、OnePlusブランドのOnePlus Technology (Shenzhen)、RealmeブランドのRealme Mobile Telecommunications (Shenzhen)は兄弟会社となる。

参考までに、OnePlus Technology (Shenzhen)はGuangdong Oujia Holdingsが完全所有するGuangdong Oujia Communications Technologyが80%出資するGuangdong OnePlus Mobile Telecommunications (広東万普拉斯移動通信)が完全所有している。

Realmeブランドのスマートフォンとしては、Realme Mobile Telecommunications (Shenzhen)の設立前にRealme 1を発表し、Realme Mobile Telecommunications (Shenzhen)の設立後にRealme 2Realme 2 ProRealme C1を発表した。


Realme Global

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK