スポンサーリンク

宮崎県延岡市のケーブルメディアワイワイ、PLMN番号440-12を取得


宮崎県のCable media waiwaiは総務大臣よりSIMカードの発行に必要な電気通信番号(International Mobile Subscription Identity:以下、IMSI)の指定を受けたことが分かった。

国際電気通信連合(International Telecommunication Union:ITU)が情報を公開して判明している。

IMSIは3桁の国識別コード(Mobile Country Code:以下、MCC)、2桁または3桁の事業者識別コード(Mobile Network Code:以下、MNC)、最大10桁の加入者識別コード(Mobile Subscriber Identification Number:MSIN)で構成されており、日本では総務大臣が指定する。

なお、日本のMCCは440または441である。

Cable media waiwaiが指定を受けたIMSIはMCCが440、MNCが12となり、MCCとMNCで構成される公衆陸上移動体ネットワーク番号(Public Land Mobile Network Number:PLMN番号)は440-12となる。

Cable media waiwaiは宮崎県延岡市に本社を置く企業で、IMSIは2018年12月に指定を受けた模様である。

主要株主はAsahi Kasei Corporation (旭化成)が筆頭株主で持分比率は50%、宮崎県、延岡市、日向市、門川町、その他の地元企業が合計で50%となっている。

これまでに、Cable media waiwaiは地域広帯域移動無線アクセス(以下、地域BWA)の高度化方式の無線局免許を取得しており、延岡市内でサービスを提供中とされている。

地域BWAの高度化方式としてはTD-LTE方式と高い互換性を有するWiMAX Release 2.1 Additional Elements方式(WiMAX R2.1 AE方式)を導入しており、UQ Communicationsのコア設備を利用する。

Cable media waiwaiはIMSIの指定を受けたことで、自社でコア設備を保有する可能性も考えられる。

国際電気通信連合

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK