スポンサーリンク

Alphabet傘下のLoonとソフトバンク傘下のHAPSモバイル、高高度通信網展開に向け提携


SoftBankの子会社であるHAPSMobileおよび米国のAlphabetの子会社であるLoonは高高度通信ネットワークの展開に向けた長期的な戦略的関係の構築について合意したと発表した。

世界中のより多くの人々、場所、モノにインターネットを届けることを目指し、気球や無人航空機システムなど高高度飛行体の活用を促進する長期的な戦略的関係の構築を狙う。

同時にHAPSMobileの財務・投資戦略の一環としてHAPSMobileはLoonに1億2,500万米ドル(約139億9,200万円)を出資するほか、LoomもHAPSMobileに同額を出資できる権利を有する。

HAPSMobileおよびLoonは戦略的関係を強化すべく、HAPSMobileとLoonの間でモバイルインターネットの普及拡大やIoTアプリケーションの実現、第5世代移動通信システム(5G)の導入促進を主軸とする高高度通信ネットワークの展開加速などの協業で積極的な検討も行うとのことである。

具体的にはHAPSMobileによるLoonの完成機体と技術を活用したホールセール事業、LoonによるHAPSMobileの航空機完成時におけるHAPSMobileの航空機の活用、各種航空機や国際電気通信連合(International Telecommunication Union:ITU)準拠の周波数帯に適用できるペイロードの共同開発、HAPSMobileおよびLoonのそれぞれのプラットフォーム上への通信提供を可能とするグローバル展開できるゲートウェイまたは地上局の統合、HAPSMobileによるLoonの機体管理システムとSDNの採用および最適化、各国の規制当局や官公庁に対する高高度通信ネットワーク活用の働きかけを目的としたアライアンスの形成、HAPSMobileとLoonの両社の機体連携による通信ネットワークインフラの共用化など、技術面と商用面に関する多くの領域で協業の可能性を交渉するという。

なお、HAPSMobileはSoftBankと米国のAeroVironmentとの合弁会社で、SoftBankの子会社と位置付けられる。

HAPSMobileでは成層圏通信プラットフォーム向け無人航空機のHAWK30 (ホーク30)を開発している。

Loonは完成済みの高高度飛行体と通信システムを通じてすでに3,000万km以上の飛行実績や世界で数十万人もの接続実績を保有し、高高度プラットフォームの開発、打ち上げ、運用、管理などで10年近い実績を有する。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK