スポンサーリンク

制裁対象に追加されたファーウェイの関係会社など一覧


米国の政府機関である商務省(Department of Commerce:DOC)傘下の産業安全保障局(Bureau of Industry and Security:BIS)は中国のHuawei Technologies (華為技術)とその関係会社などをEntity Listに追加した。

Entity Listの指定を受けた者と個人や事業体を含む米国人または外国人が特定の米国原産品を取引する場合は、産業安全保障局より発行されたライセンスの取得が求められる。

ただ、原則としてライセンスの発行は拒否されるため、Entity Listの指定を受けた者は特定の米国原産品の取り扱いが難しくなると予想される。

最初にHuawei Technologiesとその関係会社など68の事業体は2019年5月16日付けでEntity Listに指定されたが、産業安全保障局はさらに2019年8月19日付けで27の事業体を新規追加、19の事業体を既存のHuawei Technologiesのエントリーの配下に追加した。

2019年8月19日付けで新規追加された事業体は下記の通り。

なお、原則として産業安全保障局が記載する名称および順番に従って記載しており、括弧内は所在地を指す。

Huawei Tech Investment Co., Ltd. (アルゼンチン・ブエノスアイレス)
Huawei Technologies (Australia) Pty Ltd. (豪州・チャッツウッド)
Huawei Technologies Bahrain (バーレーン・ムハッラク)
Bel Huawei Technologies LLC (ベラルーシ・ミンスク)
Hui Tong Business Ltd. (中国・深圳)
Shanghai HiSilicon Technologies Co., Ltd. (中国・上海)
Shenzhen HiSilicon Technologies Co., Electrical Research Center (中国・深圳)
Huawei Technologies Costa Rica SA (コスタリカ・サンホセ)
Huawei Cuba (キューバ)
Huawei Denmark (デンマーク・コペンハーゲン)
Huawei Technologies France SASU (フランス・ブーローニュ=ビヤンクール)
Huawei Technologies India Private Limited (インド・バンガロール)
Huawei Tech Investment, PT. (インドネシア・ジャカルタ)
Huawei Italia (イタリア・ミラノ)
Huawei Milan Research Institute (イタリア・ミラノ)
Huawei Technologies LLC Kazakhstan (カザフスタン・アルマトイ)
Huawei Technologies De Mexico S.A. (メキシコ・メキシコシティ)
Huawei Technologies (New Zealand) Company Limited. (ニュージーランド・オークランド)
Huawei Technologies Cr Panama S.A. (パナマ・パナマシティ)
Huawei Technology Portugal (ポルトガル・リスボン)
Huawei Technologies Romania Co., Ltd. (ルーマニア・ブカレスト)
Huawei Russia (ロシア・モスクワ)
Huawei Technologies South Africa Pty Ltd. (南アフリカ・ヨハネスブルグ)
Huawei Sweden (スウェーデン・ストックホルム)
Huawei Technologies (Thailand) Co. (タイ・バンコク)
Centre for Integrated Photonics Ltd. (英国・イプスウィッチ)
Huawei Technologies (UK) Co., Ltd. (英国・バークシャー)

2019年8月19日付けでHuawei Technologiesのエントリーの配下に追加された事業体は下記の通り。

Beijing Huawei Longshine Information Technology Co., Ltd. (中国・北京)
Hangzhou New Longshine Information Technology Co., Ltd. (中国・杭州)
Hangzhou Huawei Communication Technology Co., Ltd. (中国・杭州)
Hangzhou Huawei Enterprises (中国・杭州)
Huawei Marine Networks Co., Ltd. (中国・天津)
Huawei Mobile Technology Ltd. (中国・深圳)
Huawei Tech. Investment Co. (中国・成都)
Huawei Technologies Co., Ltd. Chengdu Research Institute (中国・成都)
Huawei Technologies Co., Ltd. Hangzhou Research Institute (中国・杭州)
Huawei Technologies Co., Ltd. Beijing Research Institute (中国・北京)
Huawei Technologies Co., Ltd. Material Characterization Lab (中国・深圳)
Huawei Technologies Co., Ltd. Xi’an Research Institute (中国・西安)
Huawei Terminal (Shenzhen) Co., Ltd. (中国・深圳)
Nanchang Huawei Communication Technology (中国・南昌)
Ningbo Huawei Computer & Net Co., Ltd. (中国・寧波)
Shenzhen Huawei Anjiexin Electricity Co., Ltd. (中国・深圳)
Shenzhen Huawei New Technology Co., Ltd. (中国・深圳)
Shenzhen Huawei Technology Service (中国・深圳)
Shenzhen Huawei Technologies Software (中国・深圳)

新規追加された事業体はHuawei Technologiesの外国の現地法人もしくは事務所が多く、Huawei Technologiesのエントリーの配下に追加された事業体にはHuawei Technologiesの研究所まで追加されており、Huawei Technologiesが所有する研究所も制裁対象であることが明確化された。

なお、日本法人のHuawei Technologies Japan (華為技術)、携帯端末を製造するHuawei Machine (華為机器)、チップセットや通信モデムを開発するHiSilicon Technologies (深圳市海思半導体)などはすでに2019年5月16日付けでEntity Listに指定されている。

商務省

■関連記事
制裁対象となるファーウェイ関係会社一覧、日本法人・端末製造会社・ハイシリコンまで

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK