スポンサーリンク

ソフトバンク向けにソニーモバイル製スマホA001SOを準備中、Xperia 10 IIか



Sonyの完全子会社であるSony Mobile CommunicationsはSoftBank向けのスマートフォン「A001SO」を準備していることが分かった。

Geekbench Browserの測定結果にA001SOが登場しており、A001SOの存在が判明している。

A001SOのスペックの一部も判明しており、OSにはAndroid 10を採用している。

チップセットは米国のQualcomm Technologies製で、CPUはオクタコアである。

Motherboardの項目がQualcomm Snapdragon 665 Mobile Platformのコードネームであるtrinketとなっているため、チップセットはQualcomm Snapdragon 665 Mobile Platformを搭載すると考えられる。

システムメモリの容量は4GBとなる。

参考までに、スコアはSingle-Core Scoreが311、Multi-Core Scoreが1404となっている。

A001SOは未発表端末の型番である。

SoftBankが2020年4月1日から開始した2020年度(2021年3月期)より適用を開始した新たな型番規則と一致する型番であるため、A001SOはSoftBank向けのスマートフォンと分かる。

OS、チップセット、システムメモリの容量など判明したスペックはSony Xperia 10 IIと一致することから、SoftBank向けのSony Xperia 10 IIとなる可能性が高い。

SoftBankブランドまたはY!mobileブランドのいずれかで展開する見込み。

日本ではNTT DOCOMOやauを展開するKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)が2020年5月下旬以降にSony Xperia 10 IIを発売する予定を発表しているため、A001SOも2020年5月下旬以降に発売すると思われる。


Geekbench Browser

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK