スポンサーリンク

エチオピアで新規参入する携帯電話事業者を募集開始、2社に免許発給へ


エチオピアの独立機関で電気通信分野の規制を担当するエチオピア通信庁(Ethiopian Communications Authority:ECA)は電気通信事業のライセンスの新規発給に伴う関心表明の受け付けを開始すると発表した。

関心表明はエチオピア通信庁が指定する書式を使用し、英語で記入してPDF形式で提出する必要がある。

2020年5月21日から2020年6月22日の24時(東アフリカ時間)まで関心表明の提出を受け付ける。

エチオピアの大統領は経済改革の一環で2018年6月に電気通信分野の自由化に関する計画を発表し、2018年9月に閣僚会議で策定した2社の電気通信事業者の新規参入などを含めた電気通信分野の自由化を実現するための措置を明らかにした。

エチオピアの電気通信分野は国営企業のethio telecomが独占しており、アフリカでは1社が独占する最後の3ヶ国に含まれる国となった。

なお、1社が独占するほかの2ヶ国は隣国のエリトリアおよびジブチである。

2社に電気通信事業のライセンスを新規発給し、すでに電気通信事業のライセンスを保有するethio telecomを含めて3社体制とすることで、競争環境を整備して電気通信サービスの品質向上や低廉化などを実現する狙いで、電気通信分野および経済の発展への貢献が期待されている。

電気通信事業のライセンスの新規発給となるが、アフリカでは電気通信サービスは携帯電話サービスが中心で、エチオピア通信庁は大規模な移動体通信事業の実績を有する企業の参加を求めており、事実上の携帯電話事業者の新規参入を募集することになる。

携帯電話向け周波数としては2.6GHz帯、2.1GHz帯、1.8GHz帯、900MHz帯、800MHz帯を割当する。

エチオピアでは2019年末時点で携帯電話普及率が44.6%と低い状況で、携帯電話事業者の新規参入によって普及率の上昇を目指す。

エチオピア通信庁は競争入札で電気通信事業のライセンスを交付する2社を選定し、電気通信事業のライセンスの交付を受けた2社はエチオピア全土で移動体通信事業をはじめとする電気通信事業を行える。

電気通信事業のライセンスの新規発給はエチオピア通信庁が管轄し、エチオピアの電気通信分野の自由化における主要な進展と説明している。

エチオピア通信庁

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK