スポンサーリンク

約6.4インチ有機ELを搭載した5GスマホOPPO Reno4を発表


中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (OPPO広東移動通信)はNR/LTE/W-CDMA/CDMA2000/GSM端末「OPPO Reno4 (PDPM00/PDPT00)」を発表した。

第5世代移動通信システム(5G)に対応したスマートフォンである。

OSにはAndroid 10をベースとしたColorOS 7.2を採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 765G 5G Mobile Platformを搭載する。

CPUはオクタコアで動作周波数は最大2.4GHzとなっている。

ディスプレイは約6.4インチFHD+(1080*2400)AMOLEDを搭載しており、画素密度は409ppiとなる。

カメラはリアにメインの約4800万画素CMOSイメージセンサ、超広角レンズの約800万画素CMOSイメージセンサ、モノクロセンサの約200万画素CMOSイメージセンサで構成されるトリプルカメラ、フロントにメインの約3200万画素CMOSイメージセンサと深度測定用の約200万画素CMOSイメージセンサで構成されるデュアルカメラを備える。

通信方式はNR (FR1, FDD) 2100(n1)/1800(n3) MHz, NR (FR1, TDD) 4500(n79)/3700(n77)/ 3500(n78)/2500(n41) MHz, LTE (FDD) 2600(B7)/2100(B1)/1900(B2)/ 1800(B3)/1700(B4)/ 900(B8)/850(B5)/ 800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B12/B17) MHz, LTE (TDD) 2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/2000(B34)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1700(IV)/ 900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, CDMA2000 800(BC0) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

なお、n1およびn3はソフトウェアのアップデートを通じて対応する予定である。

5GのNR方式はスタンドアローン(SA)構成とノンスタンドアローン(NSA)構成に対応したデュアルモード5Gとなる。

SIMカードはデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズを採用している。

Bluetooth 5.1、無線LAN (2.4GHz/5GHz)、NFCも利用できる。

システムメモリの容量は8GBで、内蔵ストレージの容量は128GBまたは256GBである。

外部メモリは利用できない。

2個の容量が2010mAhの電池パックを内蔵しており、合計容量は4020mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用する。

生体認証は顔認証および指紋認証に対応し、指紋認証センサはディスプレイ一体型となる。

カラーバリエーションは晶鑚藍、夢鏡黒、香芋紫の3色展開である。

中国で2020年6月12日に発売することが決まっている。

価格は内蔵ストレージの容量が128GBのモデルが2,999人民元(約46,000円)、256GBのモデルが3,299人民元(約51,000円)に設定されている。


OPPO

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年7月
    « 6月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK