スポンサーリンク

約6.7インチ有機ELを搭載したSamsung Galaxy Note20を発表



韓国のSamsung Electronics (サムスン電子)はNR/LTE/W-CDMA/GSM端末「Samsung Galaxy Note20」を発表した。

Samsung Electronicsが2020年下半期のフラッグシップとして展開するSamsung Galaxy Note20シリーズのハイスペックなスマートフォンである。

OSにはAndroid 10を採用している。

CPUは64bit対応でオクタコアとなり、動作周波数は最大3.0GHzまたは最大2.7GHzとなる。

ディスプレイはフラットなInfinity-O Displayと呼ばれる約6.7インチFHD+(1080*2400)Super AMOLED Plusで、画素密度は393ppiである。

S Penによる操作に対応しており、本体にはS Penを収納するスペースを設ける。

カメラはリアに望遠レンズの約6400万画素CMOSイメージセンサ、広角レンズで光学式手ブレ補正(OIS)に対応した約1200万画素CMOSイメージセンサ、超広角レンズの約1200万画素CMOSイメージセンサで構成されるトリプルカメラ、フロントに約1000万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はNR/LTE/W-CDMA/GSM方式に対応する。

第5世代移動通信システム(5G)のNR方式はスタンドアローン(SA)構成とノンスタンドアローン(NSA)構成に対応し、周波数はサブ6GHz帯のFR1およびミリ波(mmWave)のFR2を利用できる。

NR方式に対応した5G版のほかに、NR方式には非対応のLTE版も用意している。

SIMカードはシングルSIMまたはデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズである。

Bluetooth 5.0、無線LAN IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)、NFCにも対応する。

システムメモリの容量は8GBで、内蔵ストレージの容量は5G版が128GBまたは256GBで、LTE版が256GBとなる。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを備える。

IP68に準拠した防水性能および防塵性能を有する。

電池パックは内蔵式で、容量は4300mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cである。

Wireless Power Consortium (WPC)のQiに準拠した無線充電に加えて、無線充電に対応した機器に対する無線給電も利用できる。

生体認証は顔認証と指紋認証に対応している。

カラーバリエーションはMystic Bronze、Mystic Green、Mystic Grayの3色から選べる。

一部の国と地域で2020年8月21日より販売を順次開始する。


Samsung

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK