スポンサーリンク

クアッドカメラを搭載したTCL 20 SEを発表



中国を拠点とする英領ケイマン諸島のTCL Communication Technology Holdings (TCL通訊科技控股)はLTE/W-CDMA/GSM端末「TCL 20 SE」を発表した。

OSにAndroid 11をベースとしたTCL UIを採用したスマートフォンである。

チップセットは64bitに対応したQualcomm Snapdragon 460 Mobile Platformを搭載する。

CPUはオクタコアで、動作周波数は最大1.8GHzのクアッドコアと最大1.6GHzのクアッドコアで構成される。

ディスプレイは約6.82インチHD+(720*1640)液晶で、画素密度は263ppiとなる。

カメラはリアにメインの約4800万画素CMOSイメージセンサまたは約1600万画素CMOSイメージセンサ、超広角カメラの約500万画素CMOSイメージセンサ、深度測定用の約200万画素CMOSイメージセンサ、マクロ用の約200万画素CMOSイメージセンサで構成されるクアッドカメラ、フロントに約1300万画素CMOSイメージセンサまたは約800万画素CMOSイメージセンサを備えており、カメラの仕様は国や地域によって異なる。

通信方式は欧州、中東、アフリカ、アジア太平洋地域版がLTE (FDD) 2600(B7)/2100(B1)/ 1800(B3)/900(B8)/850(B5)/ 800(B20)/700(B28) MHz, LTE (TDD) 2600(B38)/2500(B41)/2300(B40) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/ 900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応し、中南米版がLTE (FDD) 2600(B7)/2100(B1)/1900(B2)/ 1800(B3)/1700(B4/B66)/ 900(B8)/850(B5)/800(B26)/ 700(B12/B13/B17/B28) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/ 1700(IV)/900(VIII)/850(V) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

LTE UE Category 4に対応しており、通信速度は下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

SIMカードはシングルSIMまたはデュアルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズである。

Bluetooth 5.0、無線LAN IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)、NFC、FMラジオも利用できる。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量は64GBと128GBを用意する。

外部メモリの利用に対応している。

電池パックは内蔵式で、容量は5000mAhとなっている。

生体認証は顔認証と指紋認証を利用できる。

カラーバリエーションはAurora GreenとNuit Blackの2色展開である。


TCL

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年2月
    « 1月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
  • Archive

  • Select Category

  • LINK