スポンサーリンク

フィリピンのDITOが最初の料金プランを公開、セブ都市圏とダバオ都市圏で提供



フィリピンのDITO Telecommunity Corporationは最初の料金プランを発表した。

DITO Telecommunity Corporationは2021年3月8日に移動体通信事業者(MNO)として携帯通信サービスを商用化する予定で、まずは商用化を記念したプロモーションの料金プランとしてウェルカム・オファーを提供する。

ウェルカム・オファーの料金は199フィリピンペソ(約440円)で、有効期間は30日間、データ通信は無制限、音声通話およびSMSはDITO Telecommunity Corporationの電話番号宛であれば無制限となる。

2021年3月8日から2021年3月31日まで申し込みを受け付ける。

また、DITO Telecommunity Corporationが提供するアプリケーションを利用する必要がある。

SIMカードを有効化するとDITO Telecommunity Corporationが提供するアプリケーションをインストールするためのSMSが送信されるため、DITO Telecommunity Corporationが提供するアプリケーションをダウンロードおよびインストールし、ログイン後に残高が199フィリピンペソ以上であれば申し込みが可能となる。

ほかにSIMカードを有効化すると1GBのデータ通信容量を付与するという。

DITO Telecommunity Corporationが提供するアプリケーションのダウンロードには付与したデータ通信容量または取扱店の無線LANスポットを使用するよう案内している。

まずはビサヤ諸島のセブ都市圏およびミンダナオ島のダバオ都市圏で携帯通信サービスを商用化するため、SIMカードを販売する対象地域もセブ都市圏およびダバオ都市圏に限定される。

具体的な市町も公表しており、セブ都市圏ではセブ州の州都・セブ市、カルカル市、ダナオ市、マンダウェ市、ナガ市、タリサイ市、コンソラシオン町、リロアン町、ミングラニラ町、サンフェルナンド町の10市町、ダバオ都市圏ではダバオ特別市、ダバオ州の州都・タグム市、パナボ市、カルメン町、南ダバオ州の州都・ディゴス市の5市町が対象となる。

ルソン島のマニラ首都圏では2021年6月末までに携帯通信サービスを商用化する計画を示している。

すでに基地局はフィリピン全土で開設を進めており、マニラ首都圏およびルソン島北部では中国のHuawei Technologies (華為技術)、ルソン島南部およびビサヤ諸島では中国のZTE (中興通訊)、ミンダナオ島では中国のNokia Shanghai Bell (上海諾基亜貝爾)から調達した基地局を使用する。

フィリピン全土を整備の対象区域とする移動体通信事業者はSmart CommunicationsおよびGlobe Telecomに次いで3社目である。

Digitel Mobile PhilippinesのネットワークをSmart Communicationsに統合後はSmart CommunicationsおよびGlobe Telecomの2社体制が続いていたが、DITO Telecommunity Corporationの新規参入に伴い再び3社体制となる。

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly
  • Recent Entries



  • スポンサーリンク

    Instagram



  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2021年4月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK