スポンサーリンク

背面にデュアルカメラを搭載したスマートフォンHUAWEI Honor V8を発表、上位版は2Kディスプレイを搭載


中国のHuawei Technologies (華為技術)はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/CDMA2000/GSM端末「HUAWEI Honor V8 (HUAWEI KNT)」を発表した。

リアにデュアルカメラを搭載したHonorブランドのスマートフォンである。

型番はHUAWEI KNT-AL10とHUAWEI KNT-AL20を用意しており、HUAWEI KNT-AL20が上位版となる。

OSにはAndroid 6.0 Marshmallow Versionを採用している。

独自ユーザインターフェースとしてEMUI 4.1を導入する。

チップセットは64bit対応のHisilicon Kirin 950である。

CPUはクアッドコアの2.3GHzとクアッドコアの1.8GHzで計オクタコアとなる。

ディスプレイはHUAWEI KNT-AL10が約5.7インチFHD(1080*1920)液晶で画素密度は386ppi、HUAWEI KNT-AL20が約5.7インチWQHD(1440*2560)液晶で画素密度は515ppiである。

カメラはリアにデュアルカメラとなる約1200万画素裏面照射型CMOSイメージセンサ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

リアにはカメラ用のデュアルカラーLEDフラッシュを配置している。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2100(B1)/1800(B3)/1700(B4) MHz, TD-LTE 2600(B38)/2500(B41)/ 2300(B40)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/900(VIII)/850(V) MHz, TD-SCDMA 2000(B34)/1900(B39) MHz, CDMA2000 800(BC0) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応する。

LTE UE Category 6やLTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)に対応し、通信速度は下り最大300Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

SIMカードはデュアルSIMで、2個のNano SIM (4FF)サイズのSIMカードスロットを備えており、セカンダリのSIMカードスロットはmicroSDカードスロットを兼ねる。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bにも対応する。

システムメモリの容量は4GBで、内蔵ストレージの容量はHUAWEI KNT-AL10が32GB、HUAWEI KNT-AL20が64GBである。

電池パックはリチウムポリマー電池を内蔵しており、容量は3500mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用している。

リアには指紋認証センサを搭載しており、セキュリティ性能を高めている。

カラーバリエーションはHUAWEI KNT-AL10が氷河銀と鉑光金の2色、HUAWEI KNT-AL20が香檳金と玫瑰金の2色である。

中国で販売することが決まっており、価格はHUAWEI KNT-AL10が2,499人民元(約42,000円)、HUAWEI KNT-AL20が2,799人民元(約47,000円)に設定されている。

honor8v
Huawei Technologies

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK