スポンサーリンク

韓国のSK Telecomが2016年Q4の業績を発表、1人当たりデータ使用量は5.2GBに


韓国のSK Telecomは2016年第4四半期の決算を発表した。

2016年第4四半期の売上高は4兆3,523億韓国ウォン(約4,292億円)となり、前年同期比2.6%増となった。

営業利益は3,019億韓国ウォン(約298億円)で、前年同期比28.8%減としている。

当期純利益は4,747億韓国ウォン(約468億円)としており、前年同期比47.4%増である。

2016年通年の売上高は17兆918億韓国ウォン(約1兆6,854億円)となり、前年同期比0.3%減となった。

営業利益は1兆5,357億韓国ウォン(約1,514億円)で、前年同期比10.1%減としている。

当期純利益は1兆6,601億韓国ウォン(約1,637億円)としており、前年同期比9.1%増である。

選択約定割引加入者の増加、加入費の廃止、接続料の引き下げなど収益の減少要因が重なり、2016年通年では減収となったが、LTEサービスの加入件数や1人当たりデータ使用量が増加し、データ通信の需要拡大に支えられたとしている。

なお、2016年第4四半期は1人当たりの平均的なデータ使用量は5.2GBに達したと説明している。

SK Telecomの携帯電話サービスの加入件数は2016年第4四半期末に2,959万5,000件となり、前年同期比3.4%増、前四半期比0.5%増となった。

携帯電話サービスの加入件数のうちスマートフォン利用件数は2,187万7,000件で、前年同期比6.1%増、前四半期比1.0%増としている。

LTEサービスの加入件数は2,107万8,000件で、前年同期比11.1%増、前四半期比2.6%増、LTEサービス加入率は71.2%で、前年同期の66.3%、前四半期の69.8%から上昇し、初めて70%に到達した。

2016年第4四半期における韓国ウォン(KRW)ベースのARPU (1回線当たり月間平均収入)は35,355韓国ウォン(約3,486円)で、前年同期比2.4%減、前四半期比0.3%減、SK Telecomの仮想移動体通信事業者(MVNO)を含めたARPUは31,788韓国ウォン(約3,135円)で、前年同期比3.6%減、前四半期比0.7%減となった。

SK Telecom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK