スポンサーリンク

2016年通年の世界におけるスマートフォン出荷台数トップ10が判明


香港特別行政区の調査会社であるCounterpoint Technology Market Researchは2016年第4四半期および2016年通年のスマートフォン出荷台数に関する調査結果を発表した。

2016年第4四半期のスマートフォン出荷台数は4億4,000万台となった。

メーカーおよびブランド別の出荷台数とシェアも公開されている。

1位は米国のAppleで、7830万台を出荷してシェアは17.8%、2位は韓国のSamsung Electronicsで、7,800万台を出荷してシェアは17.7%、3位は中国のHuawei Technologies (華為技術)で、4,490万台を出荷してシェアは10.2%、4位は中国のGuangdong OPPO Mobile Telecommunications (広東欧珀移動通信)で、3,050万台を出荷してシェアは6.9%、5位は中国のvivo Mobile Communication (維沃移動通信)で、2,100万台を出荷してシェアは4.8%、6位は中国のZTE (中興通訊)で、1,820万台を出荷してシェアは4.1%、7位は中国のXiaomi Communications (小米通訊技術)で、1,650万台を出荷してシェアは3.8%、8位は韓国のLG Electronicsと中国のLenovo (聯想)で、それぞれ1,420万台を出荷してシェアは3.2%ずつ、10位はAlcatelブランドを展開する中国のTCL Communication Technology Holdings (TCL通訊科技控股)で、990万台を出荷してシェアは2.3%、、その他のメーカーおよびブランドは1億1,430万台を出荷してシェアは26.0%である。

また、2016年通年のスマートフォン出荷台数は前年比3.4%増となる15億1,220万台で、15億台を突破してCounterpoint Technology Market Researchの調査結果では過去最高を記録した。

メーカーおよびブランド別の出荷台数と前年比成長率も公開されている。

1位はSamsung Electronicsで、前年比4.0%減となる3億1,030万台を出荷、2位はAppleで、前年比7.0%減となる2億1,520万台を出荷、3位はHuawei Technologiesで、前年比27.9%増となる1億3,900万台を出荷、4位はGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsで、前年比111.7%増となる9,250万台を出荷、5位はvivo Mobile Communicationで、前年比77.9%増となる7,170万台を出荷、6位はZTEで、前年比4.9%増となる6,190万台を出荷、7位はXiaomi Communicationsで、前年比15.6%減となる6,100万台を出荷、8位はLG Electronicsで、前年比7.7%減となる5,510万台を出荷、9位はLenovoで、前年比31.4%減となる5,070万台を出荷、10位はTCL Communication Technology Holdingsで、前年比17.6%減となる3,410万台を出荷、その他のメーカーおよびブランドは前年比3.0%増となる4億2,070万台を出荷した。

なお、ZTEには同社子会社で中国のNubia Technology (努比亜技術)を含み、Lenovoには同社子会社で米国のMotorola Mobilityを含む。

2016年第4四半期はAppleが1位となったが、2016年通年ではSamsung Electronicsが1位を維持した。

3位のGuangdong OPPO Mobile Telecommunicationsと4位のvivo Mobile Communicationの成長率が顕著で、2016年は年間を通して好調な結果を残した。

2016年に出荷されたスマートフォンのうち、80%程度がLTE方式に対応し、上位10社だけで全体の70%以上を占めており、中国では4億6,500万台のスマートフォンを出荷して全世界の3分の1近くを占めた。

また、2016年第4四半期や2016年通年ともにトップ10には入っていないが、中東ではアラブ首長国連邦(UAE)のInnJoo Technology、アフリカではTECNO Mobileブランドやitelブランドを展開する中国のTRANSSION HOLDINGS (深圳傳音控股)、欧州ではフランスのWiko、中国では同国のGionee Communication Equipment (深圳市金立通信設備)やZhuhai MEIZU Technology (珠海市魅族科技)、バングラデシュではSYMPHONYブランドを展開する同国のSB Tel Enterprise、パキスタンでは同国のQMobileが各市場の成長を牽引したという。

Counterpoint Technology Market Research

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK