スポンサーリンク

LG G6はフラットなデザインで広角カメラを搭載、カメラの一部機能を公開


韓国のLG Electronicsは次期フラッグシップとなるスマートフォン「LG G6」のスペックを段階的に公開しているが、新たにカメラの一部機能が公開された。

LG G6は카툭튀がない高画質広角カメラを搭載するとアピールしている。

なお、카툭튀はインターネット上でよく使われる単語で、スマートフォンのカメラ部分が隆起したデザインを指すが、LG Electronicsはプレスリリースでその単語を用いた。

高性能なカメラを搭載するものの、カメラ部分は隆起がなくフラットなデザインに仕上げている。

リアは約1300万画素のデュアルカメラとなり、広角125度のレンズを採用したという。

よりヒトの視野角に近い広角レンズを採用することで、利用者が目で見たシーンをそのまま撮影可能とし、写真の歪みも低減したとのことである。

フロントにも広角レンズを採用しており、広角100度のレンズを搭載することで、自分撮り(Selfie)でも自撮り棒なしで集合写真を撮影可能としている。

また、FullVisionディスプレイと呼ばれるアスペクト比が18:9のディスプレイを搭載するが、FullVisionディスプレイの利点を最大限に活用できるUXを導入し、さらに18:9で撮影できるモードも用意する。

LG ElectronicsはLG G6についてスマートフォンとしてはさらに一歩進んだカメラを搭載し、LG Electronicsのプレミアムスマートフォンの差別化された強みを継承し、さらに発展させるとアピールしている。

LG Electronics

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK