スポンサーリンク

LTE版のSamsung Galaxy Tab Active 2と思われるSM-T395Nが韓国の認証を取得


samsungelectronics_southkorea

Samsung Electronics製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「SM-T395N」が2017年9月27日付けで国立電波研究院(NATIONAL RADIO RESEARCH AGENCY:RRA)の認証を通過した。

認定番号はMSIP-CMM-SEC-SMT395N。

モバイルネットワークはFDD-LTE/W-CDMA方式で認証を受けている。

SM-T395Nは未発表端末の型番(モデル番号)である。

型番規則よりSamsung Galaxy Tab Active 2のLTE版に該当すると思われる。

型番の末尾が特定の移動体通信事業者を指すわけではなく、移動体通信事業者を通さないことを示すN0でもないため、韓国で複数の移動体通信事業者を通じて販売する可能性が高い。

国立電波研究院の認証ページでは製造国がベトナムと記載されており、Samsung Electronicsがベトナムで保有する工場にて製造することが分かる。

なお、ベトナムの工場はSamsung Electronicsのベトナム法人であるSamsung Electronics Vietnamを通じて保有しており、ベトナムの首都・ハノイの近郊でバクニン省のイエンフォン地区に位置する。

RRA – Samsung SM-T395N

スポンサーリンク

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • SNS

  • Calendar

    2017年12月
    « 11月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK