スポンサーリンク

4G LTEやMcWiLLに対応したスマートフォンCooTel C7がFCC通過


Shenzhen Cootel Fone Technology (深圳酷泰丰科技)製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM/McWiLL端末「CooTel C7」が2017年10月27日付けでFCCを通過した。

FCC IDは2AHS2-C7。

モバイルネットワークはFDD-LTE 1700(B4) MHz, W-CDMA 1900(II)/850(V) MHz, GSM 1900/850 MHzで認証を受けている。

Bluetoothや無線LANの周波数でも通過している。

無線LANの規格はIEEE 802.11 b/g/nに対応する。

IEEE 802.11 nは2.4GHz帯のみに対応しており、5.xGHz帯には非対応となる。

電池パックはリチウムイオン電池で、容量は3000mAhとなっている。

CooTel C7はCooTelブランドを冠したスマートフォンである。

FDD-LTE方式に加えてMcWiLL方式の通信にも対応することが大きな特徴となる。

Xinwei Telecom Enterprise Group (信威通信産業集団)と事業協力を行うカンボジアのXinwei (Cambodia) TelecomとニカラグアのXinwei Intelcom NicaraguaがCooTelブランドでMcWiLL方式を導入しており、Xinwei (Cambodia) TelecomとXinwei Intelcom Nicaraguaのいずれかまたは両方に投入されると思われる。

なお、Xinwei Telecom Enterprise GroupはShenzhen Cootel Fone Technologyと提携関係にある。

FCCでは実機の分解画像や取扱説明書も公開されている。

cootelc7
FCC – Shenzhen Cootel Fone Technology CooTel C7

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK