スポンサーリンク

au向けGalaxy S8 SCV36のAndroid 8.0 Oreo版がWi-Fi認証を通過


KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)向けのSamsung Electronics (サムスン電子)製のFDD-LTE/TD-LTE/WiMAX 2+(TD-LTE)/W-CDMA/GSM端末「SCV36」が2018年1月5日付けでWi-Fi Allianceの認証を通過した。

無線LANの規格はIEEE 802.11 a/b/g/n/acで認証を受けている。

2.4GHz帯に加えて5.xGHz帯の無線LANも利用できる。

SCV36はKDDIおよびOkinawa Cellular TelephoneよりGalaxy S8 SCV36として発売済みであり、Wi-Fi Allianceの認証は再通過となる。

発売時はOSのバージョンがAndroid 7.0 Nougat Versionであるが、Wi-Fi Allianceの再認証ではOSのバージョンがAndroid 8.0 Oreo Versionとなっている。

KDDIはAndroid 8.0 Oreo Versionへのバージョンアップを実施する予定のスマートフォンを案内しており、対象のスマートフォンにGalaxy S8 SCV36が含まれることから、Galaxy S8 SCV36に対してAndroid 8.0 Oreo Versionへのバージョンアップを提供する計画は従前より分かっていた。

Android 8.0 Oreo Versionへのバージョンアップの実施に向けて、Wi-Fi Allianceの認証を再通過させたと考えられる。

scv36
Wi-Fi Alliance – Samsung SCV36

■関連記事
KDDIがAndroid 8.0 Oreoへのバージョンアップを提供するスマートフォンのリストを公開
au

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年4月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK