スポンサーリンク

SoftBankが5Gを利用したトラックの隊列走行などの実証実験を実施


SoftBankはトラックの隊列走行および車両の遠隔監視や遠隔操作の実証実験を推進するため、4.7GHz帯と28GHz帯における第5世代移動通信システム(5G)の実験試験局免許を取得したと発表した。

実証実験は総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)の「高速移動時において1msの低遅延通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討の請負」において推進することになり、SoftBankは自動運転技術を研究開発するAdvanced Smart Mobility (先進モビリティ)、SoftBankとAdvanced Smart Mobilityの合弁会社であるSB Drive、中国のHuawei Technologies (華為技術)と連携して実証実験を実施する。

2017年12月より茨城県つくば市で実証実験を開始しており、さらなる精度向上を目指して実証実験を推進するという。

実験期間は2017年12月から2018年3月まで、実験エリアは茨城県つくば市となっている。

実験試験局免許の内容は4.7GHz帯が1局を2017年12月に取得し、帯域幅は100MHz幅で、28GHz帯が1局を2017年11月に取得しており、帯域幅は732MHz幅である。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK