スポンサーリンク

LGが韓国向け4G LTEスマートフォンLM-Y110K/ LM-Y110L/ LM-Y110Sを準備中


LG Electronics製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「LM-Y110K」「LM-Y110L」「LM-Y110S」が2018年1月30日付けで国立電波研究院(NATIONAL RADIO RESEARCH AGENCY:RRA)の認証を通過した。

認定番号はR-CMM-LGE-MCY110。

LM-Y110K、LM-Y110L、LM-Y110Sは未発表端末の型番(モデル番号)である。

共通の認定番号で基本モデルがLM-Y110K、派生モデルがLM-Y110LおよびLM-Y110Sとなり、同一端末として国立電波研究院の認証を受けているため、ハードウェアは共通となることが分かる。

製造場所は中国国内の工場となっている。

詳細なスペックは不明であるが、エントリークラスのスマートフォンとなる見通し。

LM-Y110K、LM-Y110L、LM-Y110Sはそれぞれ韓国(南朝鮮)の移動体通信事業者(MNO)であるKT、LG Uplus (LG U+)、SK Telecomを通じて販売されると考えられる。

国立電波研究院 – LG Electronics LM-Y110K

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年12月
    « 11月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK