スポンサーリンク

タイ最大手の携帯電話事業者AISが2017年通年の業績を発表


タイのAdvanced Info Service (AIS)は2017年通年の業績を発表した。

連結売上高は前年比3.7%増の1,577億2,200万タイバーツ(約5,389億円)、EBITDAは前年比16%増の704億9,800万タイバーツ(約2,409億円)、純利益は前年比1.9%減の300億7,700万タイバーツ(約1,028億円)となった。

前年比で増収減益を記録した。

2017年第4四半期末の事業データも公開されている。

移動体通信サービスの加入件数はポストペイド契約が前年同期比14.9%増の7,390,100件、プリペイド契約が前年同期比5.6%減の32,665,400件、合計が前年同期比0.8%増の40,055,500件となった。

すべての移動体通信サービスの加入件数のうち、ポストペイド契約の比率は18.4%、プリペイド契約の比率は81.6%となる。

また、すべての移動体通信サービスの加入件数のうち、データ通信加入率は前年同期比1ポイント増の58%、LTE端末利用率は前年同期比17ポイント増の46%となっている。

基地局数はW-CDMA基地局が前年同期比12.8%増の47,700局、LTEが基地局が前年同期比42.5%増の60,000局に増加した。

2017年にはタイのすべての都県でLTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)を導入し、さらに主要都市ではCAを高度化した3コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(3CC CA)の導入も進めている。

2017年第4四半期に限定したタイバーツ(THB)ベースのARPU (1回線当たり月間平均収入)はポストペイド契約が前年同期比3.2%減の581タイバーツ(約1,985円)、プリペイド契約が前年同期比1.6%減の183タイバーツ(約625円)といずれも低下傾向にあるが、収益性の高いポストペイド契約の比率が上昇したため、ポストペイド契約とプリペイド契約の総合は前年同期比2.0%増の256タイバーツ(約875円)と増加傾向にある。

AIS

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK