スポンサーリンク

バングラデシュの携帯電話事業者Banglalinkが4G LTEライセンスを取得


オランダのVEONは同社の子会社でバングラデシュの移動体通信事業者(MNO)であるBanglalink Digital Communicationsが第4世代移動通信システム(4G)のライセンスを取得したと発表した。

同時に2.1GHz帯と1.8GHz帯で追加の周波数を取得したことも明らかにしている。

バングラデシュの政府機関で電気通信分野を管轄するBangladesh Telecommunication Regulatory Commission (以下、BTRC)は2018年2月に2.1GHz帯、1.8GHz帯、900MHz帯の周波数オークションを実施し、BTRCは周波数オークションとは完全に独立かつ並行して4Gライセンスの申請も受け付けていた。

Banglalink Digital Communicationsは周波数オークションを通じて、2.1GHz帯の5MHz幅*2と1.8GHz帯の5.6MHz幅*2を3億860万米ドル(約332億1,851万円)で取得した。

3億860万米ドルのうち60%を落札確定日から30日以内に支払い、残りの40%は4年間にわたり分割で支払う。

4Gライセンスは120万米ドル(約1億2,917万円)で取得しており、4Gライセンスの費用も支払う必要がある。

ほかに、既存の1.8GHz帯と900MHz帯に関して新方式への転用が認められたが、それに係る必要として3,500万米ドル(約37億6,749万円)を支払う予定という。

VEONは子会社でエジプトのGlobal Telecom Holding (GTH)を通じてBanglalink Digital Communicationsを所有しており、VEONによるGlobal Telecom Holdingへの出資比率は57.7%、Banglalink Digital CommunicationsはGlobal Telecom Holdingの全額出資子会社であるため、VEONによるBanglalink Digital Communicationsへの出資比率は間接的に57.7%となる。

なお、VEONは旧社名がVimpelCom、Global Telecom Holdingは旧社名がOrascom Telecom Holding (OTH)である。

VEON

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK