スポンサーリンク

内蔵ストレージを256GBに増量したLG V30S+ ThinQを発表


韓国(南朝鮮)のLG ElectronicsはFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM端末「LG V30S+ ThinQ」を発表した。

LG V30+のアップグレード版で、LG V30S ThinQから内蔵ストレージの容量を増量したスマートフォンである。

OSにはAndroid 8.0 Oreo Versionを採用する。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 835 Mobile Platform (MSM8998)を搭載している。

CPUはクアッドコアの2.45GHzとクアッドコアの1.9GHzで計オクタコアとなっている。

ディスプレイは約6.0インチQHD+(1440*2880)有機ELで、画素密度は538ppiとなる。

アスペクト比が18:9のOLED FullVisionを採用し、フロントのディスプレイ占有率を高めている。

カメラはリアに約1600万画素CMOSイメージセンサと約1300万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約500万画素CMOSイメージセンサを備える。

AI (人工知能)を活用したビジョンAIをカメラに導入しており、カメラを被写体に向けると自動的に被写体を認識して人物、食品、動物、風景、都市、花、日の出、日没など8の撮影モードから最適な撮影モードを自動的に選択し、画角、彩度、反射光、逆光などを考慮して被写体の特徴を最も生かせるよう撮影できる。

1億枚を超える写真データの解析を通じて、1,000あまりの解析アルゴリズムを開発してビジョンAIを実装した。

また、カメラで撮影すると被写体情報の検索やQRコードの検出なども行える。

通信方式はFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/GSM方式に対応している。

LTE DL Category 16およびLTE UL Category 13に対応し、下りはキャリアアグリゲーション(CA)を高度化した4コンポーネント・キャリア・キャリアアグリゲーション(4CC CA)、256QAM、4×4 MIMO、上りはCAや64QAMを利用可能で、通信速度は下り最大1Gbps/上り最大150Mbpsとなる。

LTEネットワーク上で音声通話を実現するVoLTE (Voice over LTE)も利用できる。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズを採用する。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bにも対応している。

システムメモリの容量は6GBで、内蔵ストレージの容量は256GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを搭載する。

IP68に準拠した防水性能や防塵性能に加えて、米国の政府機関である国防総省(Department of Defense:DoD)が制定したMIL-STD-810Gに準拠した耐衝撃性能を備える。

電池パックは内蔵式で、容量は3300mAhとなっている。

急速充電のQualcomm Quick Charge 3.0や無線充電を利用できる。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用している。

生体認証としては指紋認証と顔認証に対応する。

音声AIアシスタントも強化しており、LG Electronicsが独自で展開するAIプラットフォームのブランド名であるLG ThinQをペットネームに取り入れた。

カラーバリエーションはNew Moroccan BlueとNew Platinum Grayの2色展開である。


LG Electronics

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年8月
    « 7月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK