スポンサーリンク

ロシアのMegaFonがNeosprintを買収へ、5G向け3.5GHz帯が目的


ロシアの移動体通信事業者(MNO)であるMegaFonは取締役会においてNeosprintの株式100%を取得することで決議したと発表した。

Neosprintは首都・モスクワ市内で3.5GHz帯を保有しており、MegaFonは3.5GHz帯を取得する目的でNeosprintを買収すると説明している。

2018年4月末までに取引を完了する計画で、取引総額など追加情報は取引の完了時に提供する予定という。

3.5GHz帯は第5世代移動通信システム(5G)の候補周波数帯のひとつで、特にサブ6GHz帯では3.5GHz帯の利用が有力視されている。

MegaFonはNeosprintの買収を完了後、3.5GHz帯を利用して5Gのネットワークを構築する計画である。

2018年6月から2018年7月にロシアで開催される2018 FIFA ワールドカップに合わせてモスクワ市内の会場となるスタジアムで5Gの試験サービスを導入し、5Gの商用化に向けた準備を加速させるという。

MegaFon

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK