スポンサーリンク

ソフトバンクが品川エリアで4.5GHz帯の実験試験局免許を取得


SoftBankは第5世代移動通信システム(5G)向け候補周波数帯のひとつである4.5GHz帯の実験試験局免許を取得したと発表した。

Nokia Solutions and Networks Japanと協力して東京都港区の品川エリアで5Gの実証実験を実施するという。

実験試験局免許の概要については、周波数帯が4.5GHz帯、帯域幅が100MHz幅、基地局数が2局となっている。

2018年4月より5Gの商用サービスを想定した実証実験を実施し、5G向け候補周波数帯における高層ビルなど遮蔽物が存在するフィールド環境での電波伝搬特性の検証、高速移動時のハンドオーバーの検証、Massive MIMOやMultiUser MIMOなど要素技術を使用した超高速通信の検証を行う。

これまでにSoftBankは2016年8月に台場地区の東京臨海副都心で実証実験を開始し、2017年に東京都港区の赤坂エリアおよび芝大門エリアでも5Gのフィールド実証実験を実施している。

人口が密集する都心部での実証実験の一環として品川エリアで5Gの実証実験を実施することで、実際の使用環境に近い状況で5Gの性能を検証し、2020年頃の5Gの商用化を目指すという。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK