スポンサーリンク

KDDIやノキアなどがコネクテッドカー向けLTEを一斉同報配信に成功


KDDI、KDDI Research (KDDI総合研究所)、Nokia Solutions and Networks Japan、Hexagonはコネクテッドカー向けLTE一斉同報配信技術の実証実験を実施し、世界で初めて成功したと発表した。

コネクテッドカー向けLTE一斉同報配信技術の実証実験は2018年4月に実施しており、自動運転時代のコネクテッドカーへの効率的な運転支援情報の配信に向けた実証実験となる。

レベル4の自動運転車が安全な自動運転を実現するために、車両が走行状態を常時監視する必要がある。

正確な道路構造物情報の把握や人や障害物など動的情報をリアルタイムにフィードバックするシステムの構築し、また複数の併走するコネクテッドカーに対して前方の車両が落下物などを後方の車両に通知する機能や、高精度位置測位のための補強情報の配信など大量の運転支援に係る情報を一斉かつ効率的に配信する技術が求められる。

なお、レベル4は国土交通省(Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism:MLIT)が採用する自動運転車の自動化段階で限定条件ありの高度運転自動化に該当する。

個別配信ではひとつの電波帯域で1対1の通信を行うため多くの電波帯域が必要となるが、一斉同報配信では多くの相手にひとつの電波帯域を共用するため電波の利用効率を大幅に向上できる。

そのため、コネクテッドカーの普及台数が1,000万台規模に増加しても、安定した情報の配信が期待できるという。

KDDI、KDDI Research、Nokia Solutions and Networks Japan、Hexagonは安全な自動運転社会のために各社が保有する要素技術を連携し、安心かつ安全なカーライフの実現を目指すとのことである。

KDDI

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK