スポンサーリンク

バングラデシュのGrameenphoneが2018年Q1の業績を発表


ノルウェーのTelenorは2018年第1四半期の業績を発表した。

Telenorの子会社でバングラデシュの移動体通信事業者(MNO)であるGrameenphoneの2018年第1四半期の業績が判明している。

2018年第1四半期の売上高は前年同期比9.9%減の29億5,200万ノルウェークローネ(約407億2,582万円)、EBITDAは前年同期比10.6%減の17億100万ノルウェークローネ(約234億6,701万円)、EBITDAマージンは前年同期と変わらず58%となった。

前年同期比で減収増益を記録したことになる。

バングラデシュタカ(BDT)ベースのARPU (1回線当たり月間平均収入)は前年同期比6%減の155バングラデシュタカ(約203円)となり、ARPUは低下傾向にある。

2018年第1四半期末の事業データも公開されている。

移動体通信サービスの加入件数は前年同期比13%増の6,745万7,000件となった。

なお、TelenorによるGrameenphoneへの出資比率は55.8%となっている。

バングラデシュでは2018年第1四半期に周波数オークションおよび第4世代移動通信システム(4G)の提供に係るライセンスの交付が行われ、Grameenphoneは周波数および4Gのライセンスを取得した。

Grameenphoneは早くも2018年第1四半期にLTEサービスを商用化したが、LTEサービスの本格化に向けてさらなる投資が必要となる見込み。

Telenor Group

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK