スポンサーリンク

NTTドコモがarrows Be F-04Kを発表


NTT DOCOMOはFUJITSU CONNECTED TECHNOLOGIES (富士通コネクテッドテクノロジーズ:FCNT)製のFDD-LTE/W-CDMA/GSM端末「arrows Be F-04K」を発表した。

docomo withの対象となるスマートフォンである。

OSにはAndroid 8.1 Oreo Versionを採用する。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 450 Mobile Platform (SDM450)となる。

CPUはオクタコアで動作周波数が1.8GHzとなっている。

ディスプレイは約5.0インチFHD(1080*1920)IPS液晶を搭載する。

カメラはリアに約1220万画素積層型CMOSイメージセンサ、フロントに約500万画素裏面照射型CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2100(B1)/1800(B3)/850(B5)/ 800(B19)/700(B12/B17) MHz, W-CDMA 2100(I)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応している。

LTE UE Category 4に対応し、NTT DOCOMOのネットワークでは通信速度が下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsとなる。

VoLTE(HD+)に対応しており、従来のVoLTEよりも高音質な音声通話を利用できる。

SIMカードはシングルSIMで、サイズはNano SIM (4FF)サイズを採用している。

Bluetooth 4.2や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5.xGHz Dual-Band)やNFC Type A/Bおよびおサイフケータイにも対応する。

地上デジタルテレビ放送はISDB-T方式のワンセグを視聴できる。

システムメモリの容量は3GBで、内蔵ストレージの容量は32GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを搭載している。

IPX5やIPX8に準拠した防水性能やIP6Xに準拠した防塵性能に加えて、米国の政府機関である国防総省(Department of Defense:DoD)が制定したMIL-STD-810Gの23項目に準拠した高耐久性能を備える。

電池パックは内蔵式で、容量は2580mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用する。

生体認証としては指紋認証を利用できる。

カラーバリエーションはWhite、Black、Pinkの3色展開となる。

2018年5月下旬に発売する予定である。


docomo Online Shop

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK