スポンサーリンク

台湾のNCCが6月1日時点のPLMN割当状況を公開


台湾の政府機関で電気通信分野などを管轄する国家通訊伝播委員会(National Communications Commission:NCC)は台湾における移動体通信事業者(MNO)への公衆陸上移動体ネットワーク番号(Public Land Mobile Network Number:以下、PLMN)の割当状況を公開した。

PLMNは国識別コード(Mobile Country Code:MCC)と事業者識別コード(Mobile Network Code:MNC)で構成される。

国識別コードは国や地域の単位で割り当てられており、台湾の場合は466となっている。

台湾の移動体通信事業者はChunghwa Telecom (以下、中華電信)、Far EasTone Telecommunications (以下、遠傳電信)、Taiwan Mobile (以下、台湾大哥大)、Taiwan Star Telecom (以下、台湾之星電信)、Asia Pacific Telecom (以下、亞太電信)の5社である。

5社の移動体通信事業者に対する2018年6月1日時点のPLMNの割当状況が判明しており、一覧は下記の通り。

■事業者識別コード順

466-01 遠傳電信 LTE
466-03 遠傳電信 LTE, W-CDMA
466-05 亞太電信 LTE
466-11 中華電信 LTE
466-12 亞太電信 LTE
466-88 遠傳電信 LTE
466-89 台湾之星電信 LTE, W-CDMA
466-92 中華電信 LTE, W-CDMA
466-93 台湾大哥大 LTE
466-97 台湾大哥大 LTE, W-CDMA
466-99 台湾大哥大 LTE

■移動体通信事業者順

466-11 中華電信 LTE
466-92 中華電信 LTE, W-CDMA
466-93 台湾大哥大 LTE
466-97 台湾大哥大 LTE, W-CDMA
466-99 台湾大哥大 LTE
466-01 遠傳電信 LTE
466-03 遠傳電信 LTE, W-CDMA
466-88 遠傳電信 LTE
466-89 台湾之星電信 LTE, W-CDMA
466-05 亞太電信 LTE
466-12 亞太電信 LTE

2018年3月1日時点の割当状況からは、466-12が亞太電信に割当された。

466-12は過去にAMBIT Microsystems (以下、國碁電子)が割当を受けたが、亞太電信を存続会社、國碁電子を消滅会社とする吸収合併方式で亞太電信と國碁電子が統合し、その後に466-12は亞太電信が継承するのではなく割当を無効化していた。

NCC

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK