スポンサーリンク

ミャンマーのMytelがヤンゴン国際空港にブースを開設


ミャンマー(ビルマ)の移動体通信事業者(MNO)でMytelブランドを展開するTelecom International Myanmarは移動体通信サービスの本格的な商用化に合わせてヤンゴン国際空港(RGN)にブースを開設した。

ヤンゴン国際空港はミャンマーの最大都市・ヤンゴン市のミンガラドン郡区に位置し、旅客数ベースではミャンマーで最大の空港となっている。

Telecom International Myanmarは2018年6月9日時点でミャンマー国内の空港ではヤンゴン国際空港のみにブースを設置している。

具体的にはヤンゴン国際空港の第1ターミナルと第3ターミナルにブースを設けており、ヤンゴン国際空港を利用する旅客にSIMカードなどの販売を行う。

第1ターミナルは2016年3月に運用を開始した国際線専用の新しいターミナルで、当初は一部の航空会社のみが利用していたが、2016年6月下旬以降に多くの航空会社が従来の第2ターミナルから第1ターミナルへ順次移転を進めており、このような背景も踏まえて第2ターミナルにはTelecom International Myanmarのブースを設置しない。

また、国内線専用の第3ターミナルにもTelecom International Myanmarのブースを設置しており、ヤンゴン市を訪問する国内外の旅客を取り入れる狙いがある。

Mytel

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK