スポンサーリンク

VEONがラオスの携帯電話事業者Beeline Laoの売却を完了


オランダのVEONはラオスの移動体通信事業者(MNO)であるVimpelCom Laoの売却を完了したことが分かった。

2018年第1四半期の業績発表資料を通じてVimpelCom Laoの売却に関して進捗状況を開示している。

VEONは同社の全額出資子会社でオランダのVimpelCom Holding Laoを通じてVimpelCom Laoの株式78%を保有していたが、2018年第1四半期にそのすべてをラオス政府に2,200万米ドル(約24億円)で売却を完了したという。

従来よりVimpelCom Laoの株式22%をラオス政府が保有しており、取引の完了に伴いVimpelCom Laoはラオス政府の完全所有となった。

VimpelCom LaoはVEONが保有するBeelineブランドで展開しており、VEONとの資本関係を解消後もBeelineブランドを継続している。

なお、2017年12月末時点でVimpelCom Laoの加入件数は約20万件となっている。

VEON

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年8月
    « 7月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK