スポンサーリンク

韓国SK Telecomの子会社がiPhone 3GSを発売


韓国(南朝鮮)の移動体通信事業者(MNO)であるSK Telecomの全額出資子会社で同国のSK TelinkはApple製のスマートフォン「Apple iPhone 3GS」を発売すると発表した。

SK Telecomのネットワークを利用した仮想移動体通信事業者(MVNO)として展開しているSK 7mobileのラインナップで2018年6月末までに提供を開始する。

韓国では2009年に移動体通信事業者のKTがApple iPhone 3GSを発売しており、SK Telinkは約9年ぶりに韓国でApple iPhone 3GSを再発売すると案内している。

SK 7mobileでは中古製品も販売しているが、Apple iPhone 3GSは中古製品ではなく、長期間にわたり倉庫で保管されていた個体の動作確認を行い、それを再梱包した製品となる。

出庫価格は44,000韓国ウォン(約4,500円)に設定されている。

SK TelinkはSK 7mobileのオンライン統合モールの開設を記念してApple iPhone 3GSを発売するという。

また、Appleの熱狂的なファンを中心にオンライン統合モールの訪問者の増加を期待すると説明している。

OSのバージョンが古いため利用できないアプリケーションも多く、またセキュリティやアフターサービスの観点で不安はあるが、オンライン統合モールの開設に合わせて注目度を高めるべく、消費者にインパクトを与えるための製品としての側面が強い。

すでに韓国内外の多くのメディアが取り上げており、SK Telinkの狙い通りかもしれない。


SK 7mobile

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK