スポンサーリンク

キャリア・ブロックチェーン・スタディー・グループにViettelやZainなどが参加


SoftBankおよび米国のTBCASoftは通信事業者のグローバル・ブロックチェーン・コンソーシアムであるCarrier Blockchain Study Group (CBSG)に複数の通信事業者が参加すると発表した。

新たにマレーシアのAxiata Group、フィリピンのPLDT、インドネシアのTelekomunikasi Indonesia International (Telin)、トルコのTurkcell Holding、ベトナムのViettel Telecom、クウェートのMobile Telecommunications Companyを中心とする同国のZain GroupがCarrier Blockchain Study Groupに参加する。

なお、PLDTは2018年2月23日付けのプレスリリースでCarrier Blockchain Study Groupの参加に向けた基本合意の締結を案内していたが、その後の検討を経て正式な参加に至ったという。

また、スペインのTelefonicaとも基本合意を締結済みであり、正式な参加に向けた検討を進めている。

Carrier Blockchain Study GroupはSoftBank、TBCASoft、米国のSprint、台湾のFar EasTone Telecommunications (遠傳電信)によって設立されており、韓国(南朝鮮)のKTおよびLG Uplus (LG U+)、アラブ首長国連邦(UAE)のEmirates Telecommunication Group Companyが参加している。

次世代の通信事業者間のグローバル・ブロックチェーン・プラットフォームおよびエコシステムの構築に向けて、Carrier Blockchain Study Groupを通じて連携を図るという。

SoftBank

■関連記事
KTやPLDTなどがキャリア・ブロックチェーン・スタディー・グループに参加

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK