スポンサーリンク

ファーウェイが米国から撤退へ、外国メディアが報じる


中国のHuawei Technologies (華為技術)は米国から撤退することが外国メディアの報道で分かった。

米国政府や米国議会はHuawei Technologiesとの取引を停止するよう米国企業に圧力をかけるなどHuawei Technologiesを排除する動きを活発化しており、Huawei Technologiesは米国の環境下で満足できる実績を出すことは困難と判断したと思われる。

Huawei Technologiesの事情に精通した関係者による情報として伝えられており、Huawei Technologiesは米国国内の事務所は3ヶ所すべて撤収する予定で、米国政府や米国議会の活動が撤退を決めた直接の原因という。

また、移動体通信事業者(MNO)の関係者による情報も伝えられており、米国からの撤退は3~4ヶ月前より準備を行い、米国での事業はすでに中断に近い状況とのことである。

ほかにHuawei Technologiesは米国の首都・ワシントンD.C.にある事務所で対外業務を統括した人物を解任したが、その人物は過去に米国政府の職員を務め、フィンランドのNokiaを経て2010年7月にHuawei Technologiesに入社しており、Huawei Technologiesと米国政府の架け橋のような役割を担っていたとされている。

米国政府は他国の政府にもHuawei Technologiesを避けるよう要求するなどHuawei Technologiesに対するネガティブキャンペーンに躍起になっており、これはHuawei Technologiesのグローバル展開の加速に悪影響を及ぼす可能性もあるが、Huawei Technologiesとしては米国から離れることで米国政府によるHuawei Technologiesに対するネガティブキャンペーンを収束させて、より円滑にグローバル展開を強化する狙いもあると思われる。

ETNews

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK