スポンサーリンク

AT&Tが2019年初めまでに5Gを導入する都市を追加発表


米国の移動体通信事業者(MNO)であるAT&T Mobilityは2018年末から2019年初めに第5世代移動通信システム(5G)を商用化する都市を追加で発表した。

AT&T Mobilityは固定通信向けではなく移動体通信向けで2018年中に5Gを商用化する計画である。

これまでに、AT&T Mobilityが本社を置くテキサス州ダラス、テキサス州ウェーコ、ジョージア州アトランタ、ノースカロライナ州シャーロット、ノースカロライナ州ローリー、インディアナ州インディアナポリス、オクラホマ州オクラホマシティで2018年中に5Gを商用化すると案内していた。

新たにテキサス州ヒューストン、テキサス州サンアントニオ、フロリダ州ジャクソンビル、ケンタッキー州ルイビル、ルイジアナ州ニューオーリンズで2018年中に5Gを商用化する計画と明らかにしている。

また、2019年初めに5Gを導入する都市も公表しており、2019年初めに5Gを導入する都市にはネバダ州ラスベガス、カリフォルニア州ロサンゼルス、カリフォルニア州サンディエゴ、カリフォルニア州サンフランシスコ、カリフォルニア州サンノゼ、テネシー州ナッシュビル、フロリダ州オーランドが含まれる。

2019年初めまでにこれらの19都市の一部で5Gを導入し、それから5Gのエリアを順次拡大する計画という。

AT&T

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年9月
    « 8月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
  • Archive

  • Select Category

  • LINK