スポンサーリンク

ソフトバンクがアフガニスタンでLTE国際ローミングを提供開始


SoftBankはLTE国際ローミングの対象エリアを2018年9月13日より拡大したと明らかにした。

2018年09月13日よりアフガニスタンをLTE国際ローミングの対象エリアに追加している。

これにより、SoftBankは121の国と地域でLTE国際ローミングを提供することになる。

アフガニスタンではLTE国際ローミングの対象となる移動体通信事業者(MNO)はAfghan Wireless Communication Company (AWCC)である。

周波数はFDD-LTE方式の1.8GHz帯(Band 3)を利用する。

また、2018年9月13日からはすでにLTE国際ローミングを提供しているマレーシアおよびエジプトで対象の移動体通信事業者を追加した。

新たにマレーシアではU Mobile、エジプトではEtisalat – MisrでLTE国際ローミングを利用できる。

周波数はU MobileがFDD-LTE方式の2.6GHz帯(Band 7)およびBand 3、Etisalat – MisrがFDD-LTE方式のBand 3である。

いずれも海外向けパケット定額サービスの海外パケットし放題を利用できるため、通信料を気にせず安心して高速なデータ通信を楽しめる。

SoftBank

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK