スポンサーリンク

タイ向けにゲーミングスマホRazer Phone 2を発表、AISがアジアで最初に発売


米国のRazerはFDD-LTE/TD-LTE/W-CDMA/TD-SCDMA/GSM端末「Razer Phone 2」をタイ向けに発表した。

究極のモバイルエンターテインメント体験の提供を目指すRazerがゲーマーをターゲットとして開発したゲーミングスマートフォンである。

OSにはAndroid 8.1 Oreo Versionを採用している。

チップセットは64bit対応のQualcomm Snapdragon 845 Mobile Platform (SDM845)で、CPUはオクタコアで動作周波数が最大2.8GHzとなっている。

ディスプレイは120Hz UltraMotion screenと呼ばれる120Hz駆動の約5.72インチWQHD(1440*2560)IGZO液晶である。

カメラはリアに広角レンズで光学式手ブレ補正に対応した約1200万画素CMOSイメージセンサと望遠レンズの約1200万画素CMOSイメージセンサからなるデュアルカメラ、フロントに約800万画素CMOSイメージセンサを備える。

通信方式はFDD-LTE 2600(B7)/2300(B30)/2100(B1)/ 1900(B2)/1800(B3)/1700(B4/B66)/ 1500(B32)/900(B8)/850(B5)/ 800(B18/B19/B20/B26)/ 700(B12/B13/B14/B17/B28/B29)/600(B71) MHz, TD-LTE U-NII(B46)/3600(B48)/2600(B38)/ 2500(B41)/2300(B40)/1900(B39) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1800(III)/ 1700(IV)/900(VIII)/850(V) MHz, TD-SCDMA 2000(B34)/1900(B39) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応している。

下りはLTE-Advancedの主要技術であるキャリアアグリゲーション(CA)、256QAM、4×4 MIMOを利用できる。

SIMカードのサイズはNano SIM (4FF)サイズである。

Bluetooth 5.0や無線LAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz and 5GHz Dual-Band)やNFC Type A/Bにも対応する。

システムメモリの容量は8GBで、内蔵ストレージの容量は64GBである。

外部メモリを利用可能としており、microSDカードスロットを搭載している。

IP67に準拠した防水性能や防塵性能を備える。

電池パックはリチウムイオン電池を内蔵し、容量は4000mAhとなっている。

充電端子は表裏の区別が不要なUSB Type-Cを採用しており、急速充電のQualcomm Quick Charge 4+を利用できる。

Wireless Power Consortium (WPC)のQiに準拠した無線充電にも対応する。

タイではAdvanced Info Serviceの子会社で同国の移動体通信事業者(MNO)であるAdvanced Wireless Network (AWN)が独占的に取り扱う。

アジアで最初に販売を開始することになり、価格は27,990タイバーツ(約96,000円)に設定されている。

なお、Advanced Wireless Networkは加入件数ベースでタイ最大の移動体通信事業者で、Advanced Info Serviceによる出資比率は99.99%となっている。


AIS

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK