スポンサーリンク

韓国のSK Telecomが5Gサービスを12月1日に商用化、3GPP標準のNR準拠


韓国(南朝鮮)の移動体通信事業者(MNO)であるSK Telecomは2018年12月1日に第5世代移動通信システム(5G)による商用サービスを開始すると発表した。

SK Telecomは2018年12月1日の0時(韓国標準時)より5Gの電波の送出を開始し、それをもって5Gサービスを商用化とする。

まずは韓国の首都・ソウル特別市および首都圏、仁川広域市、大邱広域市、光州広域市、蔚山広域市、大田広域市、釜山広域市の中心部を5Gサービスの提供エリアとし、提供エリアは順次拡大する予定である。

5Gサービスの開始当初は法人顧客に提供し、最初の顧客は韓国のMyunghwa Ind. (明和工業)となる。

Myunghwa Ind.が京畿道安山市檀園区元時洞の半月産業団地で保有する工場で5Gサービスを活用する。

5Gの通信方式は標準化団体である3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式を採用し、周波数はサブ6GHz帯の3.5GHz帯(n78)である。

3GPPで規定されたNR方式は5Gの国際標準仕様となり、世界各地で5GとしてNR方式を導入する見込みで、NR方式による5Gサービスの商用化は世界初となる。

SK Telecom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK