スポンサーリンク

ゆずの里ケーブルテレビがTD-LTE方式互換の地域BWA高度化方式の免許を取得


埼玉県のYuzunosato Cable Television (ゆずの里ケーブルテレビ:YCTV)は地域広帯域移動無線アクセス(以下、地域BWA)の高度化方式の無線局免許を取得したことが分かった。

総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)が電波利用ホームページに掲載した情報より判明している。

Yuzunosato Cable Televisionは2019年2月19日付けで地域BWAの高度化方式の無線局免許を取得した。

無線局免許の数は3局で、送受信所は2局が埼玉県入間郡毛呂山町、1局が埼玉県入間郡越生町である。

監視制御所は大阪府大阪市西区となっているため、Hanshin Cable Engineering (阪神ケーブルエンジニアリング:HCE)のコア設備を利用すると分かる。

地域BWAは制度改正によって従来のWiMAX方式より高速な通信速度などを実現する地域BWAの高度化方式の導入が認められ、地域BWAの高度化方式としてTD-LTE方式と高い互換性を有するAXGP方式またはWiMAX Release 2.1 Additional Elements方式(WiMAX R2.1 AE方式)の運用が可能となった。

Hanshin Cable Engineeringのコア設備を利用することから、Iida Cable Televisionは通信方式にAXGP方式を採用し、通信速度は下り最大220Mbps/上り最大10Mbpsで提供する見込み。

なお、下り最大220Mbpsは4×4 MIMOを適用時で、2×2 MIMOを適用時は下り最大110Mbpsとなる。

Yuzunosato Cable Televisionは埼玉入間郡毛呂山町に本社を置く企業である。

埼玉県入間郡毛呂山町および埼玉県入間郡越生町を事業区域としている。

総務省 電波利用ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram

  • スポンサーリンク
  • Recent Entries





  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年3月
    « 2月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
  • Archive

  • Select Category

  • LINK