スポンサーリンク

中国電信が2018年通期の業績を発表、4G契約は8割に


中国の国有企業で同国の移動体通信事業者(MNO)であるChina Telecom (中国電信)は2018年通期の業績を発表した。

2018年通期の連結売上高は前年比3.0%増の3,771億2,400万人民元(約6兆2,791億円)、EBITDAは前年比2.0%増の1,042億700万人民元(約1兆7,350億円)、EBITDAマージンは前年比1.2ポイント減の29.7%、純利益は前年比13.9%増の212億1,000万人民元(約3,531億円)となった。

前年比で増収増益を達成したことになる。

また、移動体通信サービスの売上高は前年比9.1%増の1,677億500万人民元(約2兆7,923億円)で、連結売上高のうち44.5%を移動体通信サービスが占める。

売上高ベースではChina Telecomにとって移動体通信サービスは固定通信サービスに次いで2番目に大きな事業となっている。

成長率は移動体通信サービスが固定通信サービスを上回り、数年以内に移動体通信サービスが固定通信サービスを逆転する可能性が高い。

また、2018年第4四半期末の事業データも公開されている。

移動体通信サービスの加入件数は前年同期比21.2%増の3億300万件に達した。

LTE方式方式を利用できる第4世代移動通信システム(4G)契約は前年同期比33.2%増の2億4,243万件となった。

移動体通信サービスの加入件数のうち4G契約の加入率は80.0%である。

人民元(CNY)ベースの2018年通期におけるARPU (1回線当たり月間平均収入)は前年比8.3%減の50.5人民元(約841円)に低下した。

また、2018年通期における移動体通信サービスの利用実績はデータ通信が前年比291.2%増の14,073kTBとなり、データ通信の需要が大幅に増大したことが分かる。

China Telecom

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK