スポンサーリンク

シャープ、SIMフリー版のSHARP AQUOS R3を準備中か


SHARPはスマートフォン「SHARP AQUOS R3」にSIMロックフリー版を準備している可能性が浮上した。

総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)の技術基準適合証明または工事設計認証を通過した機器の情報が更新された。

SHARP製のLTE/W-CDMA/GSM端末「W-105B, 808SH, DD1893B及びXN-MBT93」が2019年3月15日付けでTELECOM ENGINEERING CENTER (TELEC)の認証を通過したことが分かった。

工事設計認証番号は001-P01329。

モバイルネットワークはLTE (FDD) 2100(B1)/1800(B3)/1500(B11)/ 900(B8)/800(B18/B19)/700(B28) MHz, LTE (TDD) 3500(B42)/2500(B41) MHz, W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/800(VI/XIX) MHzで認証を受けている。

Bluetoothおよび無線LANの周波数でも通過している。

無線LANは2.4GHz帯に加えて5GHz帯も利用可能で、規格はIEEE 802.11a/b/g/n/acに対応する。

W-105B, 808SH, DD1893B及びXN-MBT93はSHARP AQUOS R3として発表されている。

808SHはSoftBank向けAQUOS R3 (808SH)の型番、W-105BはAQUOS R3 (808SH)のメーカー型番、DD1893BはKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)向けAQUOS R3 SHV44のメーカー型番である。

なお、NTT DOCOMO向けAQUOS R3 SH-04Lのメーカー型番はXN-DDBT93であるため、XN-MBT93は未発表端末のメーカー型番と考えられる。

2017年第4四半期以降、SHARP製のスマートフォンに付与されるメーカー型番の規則は、XN-DDBTから始まるものはNTT DOCOMO向け、DDから始まるものはKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone向け、W-から始まるものはSoftBank向け、XN-MBTから始まるものはSIMロックフリー版となっている。

W-105B, 808SH, DD1893B及びXN-MBT93は同一機器として認証を取得しているため、XN-MBT93はSIMロックフリー版のSHARP AQUOS R3で、AQUOS R3 (808SH)およびAQUOS R3 SHV44とハードウェアが共通になると推測できる。

SIMロックフリー版のSHARP AQUOS R3はAQUOS R3 (808SH)と同様にLTE (FDD) 2600(B7)/2100(B1)/1900(B2)/ 1800(B3)/1700(B4)/1500(B11)/ 900(B8)/850(B5)/800(B18/B19)/ 700(B12/B17/B28) MHz, LTE (TDD) 3500(B42)/2600(B38)/2500(B41) MHz, W-CDMA 2100(I)/1900(II)/1700(IV)/ 900(VIII)/850(V)/800(VI/XIX) MHz, GSM 1900/1800/900/850 MHzに対応すると思われる。

日本国内で販売されるSHARP AQUOS R3は個別に認証を受けたAQUOS R3 SH-04Lのみハードウェアが異なる模様である。


総務省 電波利用ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK