スポンサーリンク

au向けエリクソン製5G NR基地局が技適通過、NR Bandはn78を採用か


総務省(Ministry of Internal Affairs and Communications:MIC)の技術基準適合証明などを通過した機器の情報が更新された。

auを展開するKDDIおよびOkinawa Cellular Telephone (沖縄セルラー電話)向けのNR基地局「BB 6600 4422 B78GA」が2019年7月25日付けでTelecom Engineering Center (TELEC)を通過したことが分かった。

工事設計認証番号は001-A15427。

申請者はスウェーデンのEricssonの日本法人であるEricsson Japanで、特定無線設備の種別は証明規則第2条第11号の29に規定する特定無線設備に該当する。

証明規則第2条第11号の29に規定する特定無線設備は5G-NR(3.7GHz帯、4.5GHz帯)用基地局を指すことから、BB 6600 3239 B78CはEricssonが開発したNR方式の基地局となる。

周波数は3700.0~3800.0 MHzで認証を取得している。

総務省がKDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneに対してNR方式向けに割当した周波数であるため、KDDIおよびOkinawa Cellular Telephone向けの基地局と考えられる。

KDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneは第5世代移動通信システム(5G)の通信方式として標準化団体の3GPP (3rd Generation Partnership Project)で5Gの要求条件を満たすために規定されたNR方式を導入する。

Ericssonが開発したNR方式の基地局の型式は末尾がNR Bandを示す模様で、BB 6600 4422 B78GAはn78に対応すると思われる。

KDDIおよびOkinawa Cellular Telephoneは3.7GHz帯では3700.0~3800.0 MHzと4000.0~4100.0 MHzの割当を受けており、NR Bandは3700.0~3800.0 MHzがn77またはn78を選択できるが、4000.0~4100.0 MHzがn77のみとなる。

認証で判明した情報から、3700.0~3800.0 MHzはn78を採用する可能性が高まったと言える。

世界では2019年8月23日までに31の移動体通信事業者がNR方式を商用化し、そのうち27社がn78を採用しており、NR方式の導入初期はn78の採用数が圧倒的に多い。

端末調達や国際ローミングなどを考慮して、n77ではなく3700.0~3800.0 MHzではn78を採用する可能性がある。

なお、Telecom Engineering Center (TELEC)は技術基準適合証明の事業を行う者として、総務大臣の登録を受けた登録証明機関である。

総務省 電波利用ホームページ

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年9月
    « 8月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK