スポンサーリンク

NTTドコモ、FOMAおよびiモードを2026年3月31日に終了


NTT DOCOMOはFOMAおよびiモードの提供を終了すると発表した。

いずれも2026年3月31日に提供を終了する。

FOMAは第3世代移動通信システム(3G)のW-CDMA方式によるサービスである。

2001年5月30日より試験サービスの提供を開始し、2001年10月1日より商用サービスを提供している。

W-CDMA方式では使用を終了した周波数を含めて、周波数は2.1GHz帯(Band I)、1.7GHz帯(Band IX)、800MHz帯(Band VIおよびBand XIX)でW-CDMA方式を運用してきた。

2001年当時は通信速度が384kbpsで、大容量な動画やゲームを楽しめることから好評を博し、2011年にはFOMAの契約数が約5,700万件を突破した。

W-CDMA方式は世界のほとんどの国と地域で3Gとして導入された通信方式であるが、世界で最初にW-CDMA方式を商用化した移動体通信事業者(MNO)がNTT DOCOMOであった。

iモードは携帯電話からインターネットや電子メールを利用できるサービスである。

1999年2月22日に提供を開始しており、インターネットや電子メールを利用できる機能が好評で、2010年7月には契約数が約4,900万件に達した。

FOMAおよびiモードの提供の終了に先立ち、FOMAの音声プランおよびiモードは2019年9月30日に新規受付を終了しており、FOMAデータプランおよびFOMAユビキタスプランは2020年3月31日をもって新規受付を終了する。

FOMAおよびiモードで提供しているiチャネルやiコンシェルなどの各サービスの終了時期は改めて案内するという。

NTT DOCOMOは第4世代移動通信システム(4G)のLTE方式の普及による市場環境の変化に伴う契約数の減少に加え、第5世代移動通信システム(5G)のNR方式の導入に向けて経営資源を集中するため、FOMAおよびiモードの提供の終了を決定したと説明している。

なお、NTT DOCOMOは2010年12月24日にLTE方式を商用化しており、2020年春にはNR方式を商用化する予定である。

NTT DOCOMO

スポンサーリンク

コメントを残す









  • follow us in feedly


  • スポンサーリンク

    Instagram
  • Recent Entries




  • Amazonアソシエイト

  • SNS

  • Calendar

    2019年11月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
  • Archive

  • Select Category

  • LINK